第五回 温泉ふえす in 別府 5th Onsen Festival in Beppu ②

スポンサーリンク

素敵なオジサマ達との出会いがあった塚原温泉を後にし次に向かったのは

IMG_3041
「別府海浜砂湯」

山の次は温泉熱を充分に含んだ砂を纏い、寝転がって海でも見て洒落込もうじゃないか。
そんな贅沢していいんですかぁ?社長!
いいんだよ!妻にはナイショだよ。
などと期待に胸を膨らませ受付に行くと…まさかの90分待ち。

砂の上に寝転がるだけで…90分待ち
表参道のパンケーキ屋並の待ち時間と一緒ですか?
温かい砂を体にかけられるだけですよ?シャチョー!!
早くも温泉観光地の洗礼を受ける我々は別府海浜砂湯を諦め、早めにこの日の宿がある別府八湯の1つ「鉄輪温泉」へと向かった

スポンサーリンク

IMG_3043

さすが湧出量全国第1位
当たり前の様に湯けむりが至る所からコンニチハしとる

Processed with VSCO with c1 preset

しかも我々の大好物、硫黄の香りがあちこちで漂い
時間無制限の硫黄吸い込み放題
グラス交換制でお願いします状態だ。

IMG_3044

硫黄を存分に吸い込み千鳥足の我々はチェックインの時間まで
ホロ湯いで鉄輪温泉街をぶらり

IMG_3047

IMG_3045

IMG_3046

IMG_3048

そんなこんなでこの日のお宿は「大黒屋」
もちろんこちらでも湯けむりがお出迎えの地獄蒸しが堪能出来る宿

IMG_3049

耳を澄ませば所々から湯けむり達のアンサンブルが聞こえてきそうなぐらい静かな場所に佇み
こじんまりとした落ち着く和室が本日のお宿

IMG_3053

IMG_3054

IMG_3055

眼下には僕たちが地獄蒸しをするであろう湯けむり達が手招きして待ちわびているが、まずはビールでクールダウン
移動の疲れを爽快感とアルコールで麻痺させる
その後、これからの予定を確認しがてらお宿の温泉が本日二湯目
加水して温度調整はしているが、温泉の香りと湯の花を堪能出来る内風呂
もちろん掛け流しである事は書くまでもない

IMG_3057

リセットされた我々フェスマスターは再び鉄輪温泉を練り歩き温泉を楽しむのであった!

 

つづく

 

谷本潤矢

 

スポンサーリンク

もうひとつの顔【温泉ふえす】の呑みニスト 兼 宴会部長

文章や写真、動画などを駆使して温泉の魅力を国内外に発信しながら、オリジナルタオル「温泉ふえす」タオルを肩にぶら下げ、さまざまな出逢いを求めて                                                全国をまわる。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA